• トップ /
  • 女性のための結婚式マナー

結婚式に参列するゲストの服装は

女性のための結婚式マナー

結婚式における服装マナー

結婚式にゲストとして招かれた場合、お祝いに華を添えるような服装で出席するのが最低限のマナーです。例えばフォーマルな場だからといって全身真っ黒のブラックフォーマルで身を包むのはお葬式のような印象を与えるのでタブーです。黒色自体はフォーマルなカラーとして結婚式でも使用することができるため、シックなドレスを選びたい時には豪華なネックレスをプラスしたり、華やかな色のショールやパンプスをプラスして全体的に華やかな印象にすることがポイントです。女性ゲストの服装でありがちなマナー違反として、素足やオープントゥの靴を履いてくることが挙げられます。まず素足に関しては洋装でも和装でもフォーマルな場ではふさわしくないと考えられているため、たとえ結婚式が真夏であってもストッキングの着用がおすすめです。またオープントゥの靴も同様の理由からゲストの服装として選ぶのは避けましょう。そして一番気を付けたいのは花嫁のウェディングドレスとかぶるようなカラーの服装を身につけないという点です。白色はもちろん、クリーム色や薄いグレーなども写真撮影のフラッシュで白色に見えてしまいそうな場合は避けたほうが無難だと言えるでしょう。結婚式に招かれた女性ゲストは以上のことを踏まえて服装選びを行うのがおすすめです。

↑PAGE TOP