• トップ

結婚式に参列するゲストのマナー

結婚式のゲストの振る舞い

結婚式にお呼ばれしたら

結婚式は冠婚葬祭における儀式の1つです。そのため昔の結婚式というのは厳かに執り行われるものでしたが、今日では形式にとらわれず、メインの2人もゲストもみんなが楽しめるようにとパーティー感覚のものと変化してきています。お祝いの席なので楽しい雰囲気で行われるのは非常に良い事なのですが、やはり「儀式」ということを忘れてはなりません。そこには礼儀やマナーなど守らなければならないものが存在します。まず招待状を受け取ったときから様々なマナーがあります。そして結婚式当日になればどのような服装で行くのか、ご祝儀の包み方などゲスト側ならではなのマナーが存在します。これらを事前に調べておかなければ失礼にあたるので注意が必要です。特にゲストが注意しなければならないのが披露宴での食事です。一般的にはコース料理ですが、パーティー感覚の結婚式であればビュッフェ形式にしている場合もあります。どちらにしろ料理とお酒を楽しむことができるため、楽しい雰囲気にのまれてお酒を飲みすぎたりしないようにしましょう。飲みすぎてしまって体調が悪くなったり、倒れて病院に運ばれるということがあっては新郎新婦だけではなく両家の親族にも迷惑をかけてしまいます。マナーを守ることも大切ですが、当日は節度のある振る舞いを心がけることが大切です。

↑PAGE TOP